保育所が足りないのに増えないのはどうして?


保育園不足の理由

それでは、なぜ特に待機児童問題が大きくなっている東京都において、それほどまでに認可保育園が増加していないのでしょうか。需要が大きいのであれば、保育園を増やすことは難しくないと考えられるかもしれませんが、実はこれについては東京や都市部という問題が大きなポイントとなっています。

基本的に東京都もそうですが、都市部全般に掛かる問題点として、地価の高さがあります。保育園、特に認可保育園を設置する場合については、一定以上の広さがなければならないという基準が設けられているということもあり、それにあわせて敷地面積を取ろうとすると非常に大きなお金が掛かることになってしまうためです。これによって、私立の保育園の設立というのが難しい状況にあります。

また、公立の保育園として建設する場合についても、やはり土地の取得というのが問題の一つとなります。待機児童問題の一つとなっていますが、その他にも公共施設として不足していると思われるものは多く存在しているために、そちらとも折衝しながら建設計画を立てていかなければならないためです。このように、複数の理由が絡み合うことによって、保育園が不足している問題が続いているのが現状です。